FC2ブログ

スポンサーサイト

  Clip to Evernote      

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【読了】 ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち

  Clip to Evernote      

表紙の絵が淡いイラストで爽やかさを感じます。

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
(2011/03/25)
三上 延

商品詳細を見る

舞台は鎌倉の古書店。

本が大好きな女性店主と活字が苦手なアルバイト店員が主要人物。

話の展開によって実在する本が紹介されているので「文学少女」を連
想します。

文学少女に比べ、見聞きした事の無い珍しい本が出てくるせいか、古
書店という 設定がよりリアルに感じられます。

話の展開がテンポ良く、スラスラ読めるのも楽しいです。

近頃、

◆電子書籍 ・・・ 場所をとらない、検索とか便利そう
◆本 ・・・ 重い、場所をとる、劣化する

電子書籍いいなーと思い始めてましたが、本書を読んで本のモノとし
ての価値に 改めて気付かされた気がします。

やっぱり、本のページをめくるという行為そのものが私は好きなよう
です( `^ω^) 
関連記事

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)」三上延

鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋。 そこの店主は古本屋のイメージに合わない若くきれいな女性だ。 残念なのは、初対面の人間とは口もきけない人見知り。 接客業を営む者として心配になる女性だった。だが、古書の知識は並大低ではない。 人に対してと真逆に、本には人一倍の情熱を燃やす彼女のもとには、 いわくつきの古書が持ち込まれることも、 彼女は古書にまつわる謎と秘密を、まるで見て...

コメント

非公開コメント

プロフィール

pot_kou

Author:pot_kou
好きなもの/好きなこと
プラモ アニメ鑑賞 読書 電子工作


Twitterボタン
Twitterブログパーツ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリー
検索フォーム
カウンター
最新トラックバック
RSSリンクの表示
ブロとも一覧
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

公式サイト
リンク



お勧め
アルバム
イベント
管理者用
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。